2005年7月26日(火) 毎日新聞 連載 CHiYO13歳♪♪スターへの道5 ライブ150回超す

2005年7月26日(火) 毎日新聞 連載 CHiYO13歳♪♪スターへの道5 ライブ150回超す
楽屋ではCHiYOさんを囲むようにして、ライブ直前の打ち合わせが行われていた。
「まず1曲歌って、それからトークに入ります」。
広告代理店の担当者やMCと呼ばれる進行役の大人たちから細かい指示を受け、
CHiYOさんは少し緊張気味だ。
今月9日。
横浜市の大型ショッピングモールで開かれた携帯電話会社のPRイベントに彼女は出演した。
ライブ開始まであと20分。
昼食の弁当が届いた。
「5分で食べて」。
マネージャーの安岡英恵さん(22)がせかす。
CHiYOさんは、進行表に目を落したまま箸をつけた。
「いつもこんな感じ。もう慣れました」。
二口ほど口に入れただけで、着替え室へ。
スタイリストが用意した衣装に手早く着替えると、安岡さんに伴われて慌ただしく楽屋を飛び出した。
前日の金曜日。
授業が終わり、1人夜の飛行機で東京にやって来た。
都内のビジネスホテルに泊まり、この日午前10時に会場入り。
リハーサルにメーク、衣装合わせ、そして打ち合わせ。
あっという間にライブ本番だ。
デビュー以来、ライブ回数は150回を超えた。
ラジオ局主催のイベントやレコード店でのインストアライブ……。
この半年間はほぼ毎週末、福岡と東京を行き来して地道なプロモーション活動を続けている。
多忙な日々。
友達と遊ぶ時間もないし、小学生のころから続けてきたバスケットボールもやめた。
中学2年生。
ライブにも宿題を持参する。
それでも「楽しいから苦にはならない」とCHiYOさん。
今は毎日が一生懸命だ。

HOME 2005年のイベント サイトマップ