2005年7月29日(金) 毎日新聞 連載 CHiYO13歳♪♪スターへの道8 大勢の人に私の歌を

2005年7月29日(金) 毎日新聞 連載 CHiYO13歳♪♪スターへの道8 大勢の人に私の歌を
福岡市早良区の「ホットミュージックKabu音楽学院」。
田中麻美さん(31)が「いつもの練習始めるよ」と声を掛けると、
CHiYOさんは「はい」と返事してイスに浅く腰かけた。
背筋をピンと伸ばす。
さらに両足をまっすぐ前に突き出すと、下腹部から足の付け根にかけて強烈な負荷がかかる。
慣れてないとわずか10秒保つことさえ難しいこの姿勢で、彼女は普通に1曲歌い、ケロッとしていた。
田中さんは「この筋肉を鍛えないと歌はうまくならないんです」とレッスンの意図を説明する。
俗に言う「おなかから声を出す」とはこのことだ。
CHiYOさんは中学の授業中も、前に突き出すことこそしないが、極力足を浮かせて座るように心がけている。
夏休みに入り、彼女は現在、全国縦断ツアーの真っ最中だ。
25日に鹿児島市を出発し、29日は佐賀県大和町、30日は長崎市でステージに立つ。
その後本州に渡って延々北海道まで北上し、締めくくりは来月28日、地元福岡市で。
この間1カ月、スタッフとともに車で移動し、ほぼ毎日どこかの町で歌い続けるという、超ハードスケジュールだ。
「今年の目標はたくさんライブをすること。まだ回っていないところを回って、私の歌を大勢の人たちに届けたい。
そして将来は大きなライブハウスをお客さんでいっぱいにしたい」
ツアーの出発前、CHiYOさんはそう言って目を輝かせた。
秋頃には5枚目のシングルもリリースする予定だ。
少女はいま、「スターへの道」を確実に歩き始めている。

HOME 2005年のイベント サイトマップ