2011年11月号 GARIYA オフィスノアール 中園洋子さん

P49 中園洋子さん
P49 中園洋子さん
GARIYA×NOIRコラボ企画 Lesson 03
GARIYAとNOIRがあなたに魔法をかける常に進化し続ける最高の美女史たち…
美女史

Profile 中園洋子(なかぞのひろこ)
1978年生まれ、身長172cm。
オフィスノアール所属モデル。
数々のファッションショー、ブライダルショー、TVCM出演の他、
ヘアメイク、ウォーキング講師として活躍中。

色鮮やかな花柄のワンピースからスラリと伸びた手足。
モデル歴13年の他、ヘアメイクやウォーキング講師を務めるなど、
多彩な才能に恵まれた中園洋子さん。
中園さんがインタビュールームに入るや、部屋中がパッと華やかな雰囲気に包まれた
一方で今回のテーマである“ヘアメイク”という観点から拝見すると、
そのお顔は素肌っぽくナチュラルそのもの。
透明感のあるしっとりとしたお肌を見る限り、ほとんどメイクされていないのでは、
と思いきや「私、これでもベースはしっかり作り込んでるんですよ。」との言葉にびっくり。
早速「メイクで特に気を付けている事はなんですか?」と質問を投げかけると
「ナチュラルで肌がきれいに見えるメイクを基本としているので、
ベース作りは大切だと考えています。」
ヘアメイクの講師と聞くと、メイク法を色々試し、流行りのカラーをばっちり目元にのせていたりするとばかり思っていたのだが…
「もちろん流行も取り入れますが、人それぞれ顔形が違うので、それだけに捕われず、
まずはその人の個性が引き出せる様なメイクを心がけています。」
ベースメイクで大切なのは【スキンケア】と【ファンデーション選び。】
ファンデーションは大きく二種類(イエロー系/ブルー系)に分かれているが、
この時点で間違った色選びをしている人が多い―。
どちらに属するかというのは、カラー診断により分かると言うのだが、
ここで失敗すると、くすんで見えたりアラばかりが目立って、
肌がきれいに見えないらしく、この状態で次のステップに進んでも、自分の良さを生かしきれず、
メイクが厚ぼったくて浮いた印象に。
また、メイクに求めるものが20代はモテメイク、30代はやわらかい雰囲気、40代以上になると肌のくすみやシワが目立たないように・・・
という風に、年齢によっても変化していくため、その人本来の美しさを導き出す努力と進化がキーワード。
「メイクって、少し意識を変えるだけで見えていなかった何種類もの自分を表現することが出来るんですよ。」
中園さんのお肌の美しさは、朝晩とメイク前に必ず行うスキンケアで、コットンパック、マッサージ(美顔プレート)といった日々の努力の賜物。

HOME 2011年のイベント サイトマップ